おすすめの読み方

 オンライン小説と一般の小説の違いはなんでしょうか。分かりきったことでありますが、一般の小説は本(紙の印刷物)を媒体として、オンライン小説はWEB(PCのディスプレイ)を媒体としているということが云えると思います。  更にその表示形式から云うと、本は縦書きであり、オンライン小説はHTML文書として表示されている関係上一般的には横書きで表示されております。  小説という過去からの文化的経緯から考えると、本来の形(縦書き)で読みたいと思っている読者の方々、またそのほうがより良いと考えている作者の方々も多いのではないかと思います。  私は、単にブラウザがその表示に対応していないだけの問題のように考えております。  しかし、そのような要望、需要に対しそのギャップを埋めるようなソフトが、フリーで数多く公開されております。一般的にそれらのソフトは「青空文庫」のテキストビューワーと呼ばれております。これらのソフトを導入することにより、オンライン小説を例えば文庫本のように読むことができるようなります。

使い方

インストール
まずテキストビューワーを導入します。様々なビューワーがあり、各人好みのものを選んでいただいて結構です。ここで紹介するのは『窓の中の物語』というソフトです。ダウンロードの小部屋というところからダウンロードすることが出来ます。ファイル名はmado142.lzhです。どこか適当なフォルダ内で解凍すればインストールは完了です(簡単ですね)。デスクトップにでもショートカットを設ければよろしいでしょう。
カスタマイズ
もちろんそのままでも使用できますが、一点だけは設定されることをお薦めします。まず『窓の中の物語』を立ち上げてください。「設定(O)」−「各種設定(S)」のフォントサイズを20→12にしてみてください。あと様々なカスタマイズが出来ますので使い込みながら挑戦してみてください。
文書のコピー
いよいよオンライン小説を読みますが、そのためにはその小説(文書)を一度クリップボードにコピーしなければなりません。具体的な手順は、目的のサイトの希望の小説(文書)を開きます。方法は二種類あります。一つ目はブラウザの「編集」−「全て選択」、「編集」−「コピー」するか、文書上で一度左クリックし(文書の選択)し「Ctrlキー」を押しながら「Aキー」、「Cキー」と押します。すると文書がクリップボードにコピーされ、文書が反転表示されます。
文書を開く
ここで『窓の中の物語』を立ち上げます(あらかじめ立ち上げておいても結構です)。 次に「ファイル(F)」−「クリップボードから読み込む(C)」を実行してください。
ページめくり
ページ上で左クリックすると、ページ送り、右クリックするとページ戻しとなります。

表示例