ホーム / 新着小説 / 更新小説 / 人気ランキング(総合)- (一般)- (R18) / キーワードランキング / おすすめ小説 / R18指定 /

児童文学

  [More] [New Window]
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除] [このカテゴリに新規登録]

[カテゴリ別]: 人気ランキング はおすすめ小説、 はR18指定です。 この色の文は管理人のコメントです。
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合にはタイトル横の [管理人に通知] リンクを押してください

  1 - 20 ( 24 件中 )  [ / 1 2 / 次ページ→ ]
或るあやかしの嫁取り (たま)
更新日:2013/10/27(Sun) 10:35 [修正・削除] [管理人に通知]
怪我をしたあやかしを助けた病弱なこどもの物語。 子供向けでない童話風。R18。 全14話完結。
かくれんぼと あしあとと おとしもの (野辺タンポポ)
更新日:2016/12/29(Thu) 13:47 [修正・削除] [管理人に通知]
「もういいかい?」「まあだだよ」
偽物人形 (野辺タンポポ)
更新日:2016/12/29(Thu) 13:46 [修正・削除] [管理人に通知]
「おまえは、この世で一番美しい人形だよ」
あと ひとくちっ! (野辺タンポポ)
更新日:2016/12/29(Thu) 13:40 [修正・削除] [管理人に通知]
森に住むクマの家族は、ハチミツが大好きです。
ぼくらミツバチ隊! (野辺タンポポ)
更新日:2016/12/06(Tue) 10:04 [修正・削除] [管理人に通知]
森でいちばん大きな木のウロに、ミツバチの家族のおうちはあります。
おねむ ねむねむ (野辺タンポポ)
更新日:2016/12/02(Fri) 09:09 [修正・削除] [管理人に通知]
おひるねにしましょう。きもちのいい場所がいいな。
神さまの作り方 (野辺タンポポ)
更新日:2016/12/02(Fri) 09:09 [修正・削除] [管理人に通知]
そうして、わたしたちは‘神さま’と呼ばれるようになった――……。
お風呂の神さま (野辺タンポポ)
更新日:2016/11/26(Sat) 13:18 [修正・削除] [管理人に通知]
日本にはたくさんのの神さまがいます。だからね、お風呂にも神さまがいるのですよ。
まほうのパズル (野辺タンポポ)
更新日:2016/11/26(Sat) 13:18 [修正・削除] [管理人に通知]
「ずっとともだちでいようね」って、やくそくしたサツキちゃんがとおくにひっこしてしまったのです。
おばあちゃんのふしぎなカルタ (野辺タンポポ)
更新日:2016/11/18(Fri) 09:46 [修正・削除] [管理人に通知]
デコちゃんに、おばあちゃんは、ふしぎなカルタをくれました。
とべなくなった鳥の配達人 (野辺タンポポ)
更新日:2016/11/01(Tue) 09:08 [修正・削除] [管理人に通知]
鳥のユウは手紙をとどけるのが仕事です。  でも、あるとき、ユウは事故で、とぶことができなくなってしまいました。
眠りの果てに (ユズキ)
更新日:2015/08/12(Wed) 05:57 [修正・削除] [管理人に通知]
15歳の少女インドラは、貧しい木こりの家庭に育つ。ある日メイズリーク伯爵家は大金でインドラを買い、インドラは伯爵家に奉公へ行く事になる。完結しました。
ちょっとむかしの女の子 (雨木群江)
更新日:2013/12/25(Wed) 19:59 [修正・削除] [管理人に通知]
昭和後期、群馬県のとある山村に住んでいた姉妹の日常を描いた短編集。当時の生活の記録としても。
犬たちはどうなったのか (波分妙斗)
更新日:2012/03/28(Wed) 19:32 [修正・削除] [管理人に通知]
少年のころの、夏のある日。もう忘れかけていた思い出。僕は、とある施設の入り口で、いきなり女の子に頭を殴られて……。どこか後ろめたくて、それでいて愛おしい記憶。
星色電車 (西造)
更新日:2011/10/29(Sat) 16:54 [修正・削除] [管理人に通知]
母親とケンカした少女は、カナザワのお姉ちゃんに会いに、夜、電車に乗り込む。それは星色の「ほんとうに行かなきゃいけないところに着く」電車。
未来のあなたへあと何歩 (南田南)
更新日:2011/05/28(Sat) 09:55 [修正・削除] [管理人に通知]
周囲に甘やかされて育った、自分勝手でワガママな小娘、テレシア王女。それが俺の(不本意ながら)主人だ。だがある日、俺は王女の本音を聞くことになる…。
コントラスト (西造)
更新日:2010/04/08(Thu) 22:34 [修正・削除] [管理人に通知]
絵描きの話をします。
背中のまっすぐな猫 (鏑木保)
更新日:2008/12/15(Mon) 21:46 [修正・削除] [管理人に通知]
 僕が居間でマンガを読んでいると、背中のまっすぐな猫が裏口からにゅるりと入ってきた。猫族は靴を脱がなくてもいいので、あっという間に僕のいる居間までやってくる。
瀬戸物のポンタ (塚越広治)
更新日:2012/04/04(Wed) 13:36 [修正・削除] [管理人に通知]
酒屋の前で置物になってしまったタヌキのポンタ。心を閉ざしたポンタが生き物を見つめる目が優しくなった時、、、再び、優しい偶然が訪れます。
猫ふんじゃった (清丸)
更新日:2011/02/14(Mon) 14:26 [修正・削除] [管理人に通知]
猫の幽霊だけが見える金子君。中学生の彼がまじめに勉強をしていると、猫がやってきて大騒動。それを止めようと勉強に集中できない。幽霊猫見えちゃうショートストーリー。
  1 - 20 ( 24 件中 )  [ / 1 2 / 次ページ→ ]




- Yomi-Search Ver4.22 -