ホーム / 新着小説 / 更新小説 / 人気ランキング(総合)- (一般)- (R18) / キーワードランキング / おすすめ小説 / R18指定 /

シリアス

  [More] [New Window]
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除] [このカテゴリに新規登録]

[カテゴリ別]: 人気ランキング はおすすめ小説、 はR18指定です。 この色の文は管理人のコメントです。
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合にはタイトル横の [管理人に通知] リンクを押してください

  161 - 180 ( 558 件中 )  [ ←前ページ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次ページ→ ]
ヤミ ノ チカラ (海亞)
更新日:2012/02/17(Fri) 21:20 [修正・削除] [管理人に通知]
特殊な能力を持った2つの対立する一族、竜一族と奈津河一族。岬はある時自分が奈津河の一族の血を受け継いでいると知らされる。本人の意思とは無関係に争いに巻き込まれていくが、運命に翻弄されながらも、岬は自分のため、そして最愛の人のため、自分の意思で歩き出す。
籠庭の詩 (井槻世菜)
更新日:2012/04/22(Sun) 17:30 [修正・削除] [管理人に通知]
太古の昔、 女神(にょしん)によって編み上げられたという籠庭。民たちはいつか神となることを願い、救いを祈って生きていく。そんな籠の中で、少年シュマは穏やかな日々を送っていた。けれどそれは、一人の少女の決断によって変わっていくことになる――。
月は何も語らない (黒石迩守)
更新日:2012/01/22(Sun) 19:33 [修正・削除] [管理人に通知]
 虚有と呼ばれる死者。 『存在しない筈の存在』であるそれは現行世界の理から外れ、理外の能力を媒介し、常に己の未練足る矛盾理由に従ってのみ事を為す。 病質的な動機を以て盲になったものは、往々にして過つが――それは果たして死者故にか。 同じく理外に足を踏み入れた者・媒介者は、彼等を視、識り、想う。 一体、己はどっち側なのだろうか?
仕込み屋 (愚人)
更新日:2012/02/09(Thu) 13:11 [修正・削除] [管理人に通知]
銭でも女でも、欲しい物ならどんな手段を使ってでも必ず手に入れるハイエナ集団・仕込み屋。そんな仕込み屋の、馬鹿馬鹿しくも華麗なる犯罪手口をお楽しみ下さい。
皇子クシ―太陽の都を築いた若きインカの伝説― (yamayuri)
更新日:2012/02/16(Thu) 11:24 [修正・削除] [管理人に通知]
インカ帝国の伝承のなかの英雄クシ。国を救い、国を築いた若き皇子の活躍を描く歴史ファンタジー。神童と呼ばれた皇子は過酷な儀式を通過し成人する。他部族から皇帝の側室となった女戦士キヌアに恋をして……。陰謀、策略、そして他部族の侵略の危機。過酷な試練に立ち向かい、信念を貫く若き皇子の活躍を描きます。
(中邑あつし)
更新日:2011/12/29(Thu) 10:45 [修正・削除] [管理人に通知]
正義感の強い不良、柚木太成。 一方、学校では毎日、イジメに遭い、両親には毎日、借金苦に虐待を受け、友達が一人もいない相原誠。 柚木太成。相原誠。この二人が出会うとき、物語は大きく動き出す。そして、舞台は4年後、日本は連続暴力団襲撃事件が世間を賑わせていた。その組織の名はZERO。そして、ZEROを追う二人の刑事、碇と相良。 これらが作り出す物語は、ヒューマンサスペンスホラーです。
あなたのために (ユト)
更新日:2012/04/14(Sat) 22:16 [修正・削除] [管理人に通知]
高校に突然やってきた転入生。平凡なはずの学園生活に、波乱が巻き起こる!?女子高生主人公。画家を目指す彼女の隠された過去とは―― 番外編:terrible Noel 後編 更新。
TESTAMENT (氷蒼シキ)
更新日:2014/03/23(Sun) 13:28 [修正・削除] [管理人に通知]
魔術師の青年ヴァイは、自分と瓜二つの顔を持つ男を追っていた。聖教会が掌握する世界と、与えられた平穏を疑うことさえ忘れた人々。そんな世界の姿に疑問を抱いたのは、ごく一部の者達だった。◆第四章16話 更新◆
神去りし国にて (まどいや)
更新日:2011/11/27(Sun) 09:00 [修正・削除] [管理人に通知]
 両親と三人きりで深い森の奥に住んでいたカリカは、両親の死をきっかけに森を出ることを決意する。 旅の中、カリカは自らの持つ特異な力と、両親の秘密を知る。 カリカと神に祝福された青年が出会う時、神代は完全なる終焉を迎える。 異能の少女が過酷な運命に翻弄されるファンタジー。
疾風の如く (鴻上)
更新日:2013/09/14(Sat) 19:18 [修正・削除] [管理人に通知]
東の果ての小国で、突然起きたクーデター。皇太子・綸はとある町へと送られ、そこで生き延びることとなった。クーデターの真実を知った時、綸が選択する道とは。全14章、完結しました。後日譚「紅雪の使者(4)」更新
小懸 ―真田源三郎の休日― (神光寺かをり)
更新日:2015/06/02(Tue) 22:20 [修正・削除] [管理人に通知]
【完結】武田家滅亡。遺臣達が身の置き所を捜している中、真田家は織田に従属する道を選び、関東守護となった滝川一益の配下となった。一益の茶会に招かれた真田家当主・昌幸と嫡男・源三郎信幸は、その席での振る舞いから滝川家の面々に気に入られる。特に源三郎を気に入ったのが前田宗兵衛利貞であった。天正十年の平穏な夏は、本能寺の変の発生で急変する。これは、真田信幸による「慌ただしき十六歳の夏」の回述である。
だからそれを選ばないで欲しい (ストック)
更新日:2014/05/07(Wed) 01:27 [修正・削除] [管理人に通知]
誰かこの背中を押してくれないだろうか。そうしたら、線路に落ちてしまう口実が出来て、自分自身を殺めた罪で魂を汚すこともなく楽に終われるのに。
徒華散るなかれ (竹芝苑上)
更新日:2011/11/08(Tue) 14:52 [修正・削除] [管理人に通知]
1863年秋―。剣道道場の師範である七月は門弟の幼馴染みと幕末にやってきた。孤独故に上手く感情を出せない彼女が出会ったのは壬生の狼と呼ばれる新選組。武士としての生き様を見るうちに、彼女は自分の大切なものを見出していく。タイムトリップモノですが、ファンタジー表現はほぼゼロです。また遊郭など大人の遊び、流血表現が多々出てきます。
月下の狩人 (野上みこと)
更新日:2011/11/19(Sat) 13:35 [修正・削除] [管理人に通知]
世界には通称『闇』という未知の物質が存在した。その闇は人間の感情に反応しその者を異形の怪物――『魔人』へと変える。これはそんな魔人達を狩る魔人――立花葵の物語。【2011/11/11更新】
ピアノ (三嶋文絵)
更新日:2018/05/26(Sat) 19:53 [修正・削除] [管理人に通知]
ピアノの発表会を終えた夜、千栄は両の手首を切った。動機は幾らでも想像できる。が、その知らせを聞いたとき、閃いたのはたった一つだった。
絶筆「明赫」〜建館の由来 (流崎詠)
更新日:2011/10/16(Sun) 12:53 [修正・削除] [管理人に通知]
芸術ロマン風異世界FT。少女アリアは「フェス様」に出会った。フェス様は趣味の絵筆をふるうため、城下にあるアリアの隣家を借り、アリアを小女として傍に置く。しかし彼が描くのは、その容姿や物腰からはかけ離れた鮮烈な絵だった。
城壁の翠花 BETWEEN THE WORLD (ココナッツ)
更新日:2012/08/31(Fri) 18:08 [修正・削除] [管理人に通知]
8/31 134話更新! 17歳の翠花(すいか)は、辺境の地で軟禁されて育った王の妹姫。護衛という建前の見張りの武官、迅(じん)に育てられたせいで、かなりのじゃじゃ馬姫に成長してしまった。しかし、ある日、兄からの使者に告げられる。「次の王はあなたです」 敵味方となった迅と翠花。二人の想いとは裏腹に時代は動く! 中華ファンタジー
祓鬼師 (悠蘭)
更新日:2013/02/04(Mon) 22:39 [修正・削除] [管理人に通知]
(工事中)世界は鬼が人を喰らう暗鬼時代へ突入していた。そんな鬼と、鬼を生み出す鬼斎(キサイ)と闘うために設立された政府公認の組織・鬼浄教会(キジョウキョウカイ)。鬼を屠ることが出来る鬼祓い師・通称「祓鬼師」達は、今日も命がけで戦う――。
正義の味方はこの世にいない (石田空)
更新日:2011/09/25(Sun) 16:53 [修正・削除] [管理人に通知]
世界は正義の味方(誰かの不幸)に守られる――。ある日突然正義の味方になってしまった少年と周りの人の物語。
蓬莱島 (SET)
更新日:2011/09/20(Tue) 06:06 [修正・削除] [管理人に通知]
稲作が根付き始めた時代に生きる少女・サカト。彼女は夜の川岸で、背中に深手を負った少年と出会う。獣にやられたのかと問うサカトに対し、彼は「センソウ」という、聞き慣れない言葉を呟いた。
  161 - 180 ( 558 件中 )  [ ←前ページ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次ページ→ ]

- Yomi-Search Ver4.22 -