ホーム / 新着小説 / 更新小説 / 人気ランキング(総合)- (一般)- (R18) / キーワードランキング / おすすめ小説 / R18指定 /

掌編

  [More] [New Window]
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除] [このカテゴリに新規登録]

[カテゴリ別]: 人気ランキング はおすすめ小説、 はR18指定です。 この色の文は管理人のコメントです。
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合にはタイトル横の [管理人に通知] リンクを押してください

  41 - 60 ( 151 件中 )  [ ←前ページ / 1 2 3 4 5 6 7 8 / 次ページ→ ]
め・し・や (そば)
更新日:2012/11/18(Sun) 06:46 [修正・削除] [管理人に通知]
典明は昼ごはんをどこで食べようか考えながら歩いていたが、そのまま商店街のはずれまで来てしまった。
まちあわせ (蓮夜崎凪音)
更新日:2012/11/09(Fri) 06:27 [修正・削除] [管理人に通知]
待ち合わせて二時間。なかなか来ない相手に痺れを切らしたのは私ではなく………。
黒い森の狼さんと小さな妖精のエインセル (晴れのち曇天)
更新日:2012/11/07(Wed) 20:55 [修正・削除] [管理人に通知]
森の嫌われ物の狼さんと、小さな小さな妖精のエインセルのほのぼの系 どこかしんみり童話風ストーリー一話しか有りません
濁流 入り込んだらいつまでも ・・・など (FOX)
更新日:2012/11/07(Wed) 06:32 [修正・削除] [管理人に通知]
じっくりじりじり掌編小説
閉鎖された空間 (MRI)
更新日:2012/10/12(Fri) 13:01 [修正・削除] [管理人に通知]
進まない時間、捕らわれの部屋。いつからこうしているのか………分からなくなった彼に訪れる『終わり』。終焉を迎える事態の向こう側で、彼が取った行動とは………。
明日からでは遅すぎる (ゴシ)
更新日:2012/10/08(Mon) 07:44 [修正・削除] [管理人に通知]
 高校時代の友人、慎吾に電話で呼び出された俺は、駅前のビルへと向かう。「明日からでは遅すぎる」………行きつけの居酒屋を目指して。
ハロー、ベイビー&プチトマト (稚菜)
更新日:2012/10/08(Mon) 12:32 [修正・削除] [管理人に通知]
少女らの群像を描く掌編小説。たっぷりとたたえられた湯のような午後三時の空気が子供たちの笑う声にゆらりと揺れる。
児童販売機 (ポリープ袴田)
更新日:2012/09/30(Sun) 16:13 [修正・削除] [管理人に通知]
駅を降り二人、スクランブル交差点を抜け、ふと一息
快晴 (ストック)
更新日:2014/05/07(Wed) 01:26 [修正・削除] [管理人に通知]
いつか見た夢の続きに、今立っている。いつも夢見ていたその続きを、今歩き出そうとしている。
(雨守)
更新日:2012/09/22(Sat) 15:19 [修正・削除] [管理人に通知]
花屋の前で、友人のYを見かけた。何をしているんだろう……。
ミルクと酸化 (森下つぐみ)
更新日:2012/09/10(Mon) 09:19 [修正・削除] [管理人に通知]
掌編小説です。
落葉の森 (蓮夜崎凪音)
更新日:2012/09/08(Sat) 14:47 [修正・削除] [管理人に通知]
晩秋の荒涼とした景色の中を進む私。目指す先には友がいる。あんなにも、心を許したはずの、友が。
夏夜 (蓮夜崎凪音)
更新日:2012/08/25(Sat) 20:55 [修正・削除] [管理人に通知]
夏が来る度、人は一時の涼を求め、饒舌な語り部の声音に耳を澄ませ、背筋を凍らせる。
白と曇りの朝 (西造)
更新日:2012/07/01(Sun) 15:04 [修正・削除] [管理人に通知]
リストカットについて考える。一週間前から友人は、夏も盛りの七月に長袖を着ている。その下には、真っ白な包帯が見え隠れしている。距離をつめるのを怖がる主人公が、覚悟を決めるまでの話。
時をかけるパシリ (パブ)
更新日:2012/06/02(Sat) 12:52 [修正・削除] [管理人に通知]
幼なじみのチホのために、毎日焼きそばパンを買ってくる「僕」。言われた瞬間に焼きそばパンを渡せるその秘密は、時間を超える能力にあるのだ……!
ぼくと彼女のある意味ストイックな関係。 (黒石迩守)
更新日:2012/05/12(Sat) 16:02 [修正・削除] [管理人に通知]
 高校二年生になった春の矢先、そこからぼくの学生生活は変わった。 同級生の女の子、佐渡真子がぼくに告白してきたのだ。それも、何とも奇妙な理由で。彼女によるとぼくには“才能があり”、彼女と“相性がよく”、自分の“サド気質を満たせる”との事だった。「私の恋人兼下僕になりなさい」 そう。それが、彼女の告白文句だった。
名無しの食欲 (パブ)
更新日:2012/04/28(Sat) 12:21 [修正・削除] [管理人に通知]
ある朝、会社に行くと、全ての人が、私の記憶をなくしていた。家族も、友人も、例外ではない。それどころか、私は自分の名前すら思い出せない。私はどうしたらいいのだろう。
鼻孔の女王 (パブ)
更新日:2012/04/20(Fri) 15:21 [修正・削除] [管理人に通知]
異常に鋭い嗅覚を持つ女子高生、ユウラの悩みは、臭いが気になって恋人を作れないこと。そんなとき、理想の人が現れ……?
初めての夜 (パブ)
更新日:2012/04/13(Fri) 09:52 [修正・削除] [管理人に通知]
昔の同級生が、つぎつぎと謎の半魚娘(?)に襲われているという! だが、それが僕たちの馴れ初めになるなんて……。
バレンタインデーのお返し (空)
更新日:2012/03/07(Wed) 16:39 [修正・削除] [管理人に通知]
SKET DANCEの二次創作です。藤椿要素アリ。
  41 - 60 ( 151 件中 )  [ ←前ページ / 1 2 3 4 5 6 7 8 / 次ページ→ ]




- Yomi-Search Ver4.22 -